読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

mitsukiのきらめきタイム

とある女子の音楽・ドラマ・映画の感想ファイル

【2017/3月更新】ラブコメ要素から見た映画コナンおすすめランキング&まとめ│名探偵コナン

名探偵コナン・まじっく快斗 邦画
スポンサーリンク

ラブコメ度高めの映画名探偵コナン作品をまとめてみました。ラブコメ要素重視という立場ではないですが、あまりに少ないとコナン作品として物足りないなぁと思ってしまう筆者です(笑)

 
中には作品全体としての出来がまあまあかなと感じるものありますが、それでもラブコメ要素がいい感じの作品は取り上げています。
 
逆に、コナンは、ミステリー要素・アクション要素・ラブコメ要素が魅力で、それらが上手く織り込まれている作品が良作だと思っているので、作品全体として完成度が高いと思ったものは、必然的にこのまとめにもピックアップしています。
 
⚠ランキングやピックアップした作品は主観的・個人的な見方による判断なのでその辺りはご容赦ください。
 
  • 総合ベスト3+オススメ
  • 番外編①平次×和葉編
  • 番外編②小五郎×英里編
  • 番外編③キッド×蘭編
という視点でピックアップしているので、参考にしてみてくださいね。
 
 
 

総合ベスト3+オススメ

👑 瞳の中の暗殺者

f:id:asparkle:20160612183136j:image
 
ミステリー・アクション・ラブコメというコナンの魅力3要素が全て揃っており、しかも、それらを一つのまとまったストリートとなるような絡ませ方が秀逸。コナンがちゃんと主役になっていて、ヒロインは蘭、コナンの王道であり名作。
 

👑 時計仕掛けの摩天楼

f:id:asparkle:20160612183316j:image
 
名探偵コナンの劇場版第一作目にして無駄なものが一切ない名作。今から見ると時代が感じられるものの(笑)、伏線の回収が綺麗で、演出も上手く、真相が明らかになるにつれての盛り上がり、そしてラストシーンが最高です。
 

👑 迷宮の十字路(クロスロード)

f:id:asparkle:20160612183358j:image
 
桜舞う舞台京都の「和」の雰囲気がなんといっても美しく綺麗な作品。それにマッチした主題歌も絶妙。平次と和葉の恋を絡めたミステリー、伏線、終盤の盛り上がりが秀逸。胸キュン&切なさありで、コナン&平次がカッコよすぎる!
 
 
ベスト3だけランク付けしましたが、もともとランク付けするのを好まないのでここからはランキングにせず紹介します。
 
 

水平線上の陰謀

f:id:asparkle:20160612184014j:image
 
夕日の美しさが印象的なこの作品。新一と蘭のエピソードが終盤へのキーになっているところも素敵です。大海の上、豪華客船という舞台が壮大でハラハラさせてくれます。
 

絶海の探偵

f:id:asparkle:20160612184259j:image
 
海が舞台だからかどこか「水平線上の陰謀」と似ていて、これまた蘭と新一の素敵なエピソードがラストにつながっています。ラブコメ関係ないですが、海上自衛隊の制服がカッコいい(笑)
 

銀翼の奇術師

f:id:asparkle:20160612184455j:image
 
「世紀末の魔術師」でも見られた舞台が途中で変わる二部構成。ミステリー要素は低めなものの、キッドとの絡みが面白く、蘭が鍵を握るクライマックスは劇場版ならではのスケール・盛り上がりで迫力満点です。
 

天空の難破船 

f:id:asparkle:20160612184522j:image
 
キッドの色んな面が堪能できる映画、ゆえにキッドと蘭の絡み、コナンの嫉妬などロマンチック&コメディ要素は満点です。犯人の目的にはアッとさせられますし、コナンのカッコいいアクションもありで劇場版の中でも平和に楽しめる作品。
 

世紀末の魔術師

f:id:asparkle:20160612194004j:image
 
舞台が変わる二部構成。ラストで明らかとなるこの作品のキーである秘宝の真実には感動します。蘭×コナンのシーンにも表れている初期ならではの雰囲気がたまらないです。
 
 
一応メモしておくと、
ラブコメ要素控えめだけどラブコメシーンがあるのは、
・十四番の標的(名シーンあり)
・天国へのカウントダウン
・ベイカー街の亡霊
・沈黙の15分
などです。
 

 

 
スポンサーリンク
 

 

 

番外編

⚫平次×和葉編
 
平次と和葉ががっつり絡む作品はそんなにありませんが、迷宮の十字路(クロスロード)では、新一と蘭に劣らない素敵なカップルぶりが見れます。来年(2017年)の映画は平次と和葉のラブコメが描かれるみたいで楽しみです。
 

迷宮の十字路(クロスロード)

f:id:asparkle:20160612205308j:image
 
言わずもがなのハイクオリティ作品。
 

天空の難破船(ロストシップ)

f:id:asparkle:20160612221022j:image
 
あくまでメインはコナンたちなので、この映画の後のエピソードであるOVA「 MAGIC FILE 4 大阪お好み焼きオデッセイ」が二人がメインなのでオススメ。
 

絶海の探偵(プライベート・アイ)

f:id:asparkle:20160612220634j:image
 
けっこうイチャつく二人が見れます(笑)
 
⚫小五郎×英里
 
アニメの中では別居が当たり前になっていますが、映画の中では二人が夫婦の仲だと感じさせる描写が出てくることもあり、この二人の絡みがある作品はなんだかほっこりします。
 

十四番目の標的(ターゲット) 

f:id:asparkle:20160612205143j:image
 
別居中の普段あまり明かされない二人のエピソードが描かれていて新鮮。
 

瞳の中の暗殺者

f:id:asparkle:20160612205238j:image
 
蘭のピンチに、協力する二人も見どころの一つ。
 
⚫キッド×蘭
 
新一と似ているゆえか、キッドが出てきたら必ず蘭と絡むと言っても過言ではないです(笑)キッド登場作品は、コナンとキッドの二人が頼もしい主役のようにも感じられ、色んな面で楽しませてくれます。
 

天空の難破船(ロストシップ)

f:id:asparkle:20160612193716j:image
 
見せ場?やっぱりラストの二人でしょう(笑)
 

銀翼の奇術師(マジシャン)

f:id:asparkle:20160612193743j:image
 
序盤から大胆に絡んでくるキッドには笑えます(笑)
 

世紀末の魔術師

f:id:asparkle:20160612194329j:image
 
今でこそオチャメな面を見せるキッドですが、初期のこの作品では、とにかくキザで紳士なキッド。心にそっと残るラストシーン。
 

業火の向日葵

f:id:asparkle:20160612194345j:image
 
ツッコミどころが多く、アクションが派手すぎと言われるこの作品ですが、キッド好きにはそれなりに楽しめる作品。キッド×ゴッホの向日葵というテーマ設定はいいと思います。それにしてもキッドは新一に変装するのが好(ry
 
 
参考になりましたか?
こう見ると、それぞれ良さがありますね。そして、やっぱラブコメ要素は外せない!今後の映画にも期待です。