mitsukiのきらめきタイム

とある女子の音楽・ドラマ・映画の感想ファイル

Nissy💋「花cherie」感想&歌詞解釈①

スポンサーリンク

 

Nissyの新曲「花cherie」の配信がスタートしましたね!🌸

 

LIVEでにっしーが新曲出すよ~って言ってたそれが、今聴けてるんだと思うと嬉しすぎる!

にっしー&スタッフさん頑張ってくれてありがとう!!

LIVEのエンドロールで流れていた曲なんですね。

(大阪も横浜も行ったのに覚えてなかったという、、💦)

 

にっしーの色気とお花の優しさが印象的なジャケ写だなあと思いました。

個人的には、モノクロと色気とピンクの文字から、勝手に昔のフランス映画みたいな感じをイメージしました(笑)

にっしーのなんとも言えない表情がたまらないです。

ジャケ写はどこで撮ったんだろう。。

 

今までは魔法使いNissyが毎回ジャケ写になってた気がするけど今回は西島君、というかにっしーそのものって感じがする。

何か意味があるのかな。

紺色スーツのNissyはこれからも登場するのかな。。

そこが一番不思議に思いました。

 

既にジャケ写が解禁され、配信もスタートしていますが、

ジャケ写が解禁されて、まだ曲を知らない時点でどんな曲かなあといろいろ妄想、想像するのも楽しいし、

 

それから曲が解禁されて、

歌詞やメロディー、にっし―の声を実際に聴くのもすごく嬉しいし、

 

MVもこれから解禁だなんて、

 

徐々に明かされていく感じがたまらない!(笑)

 

いつも命がけで楽しませてくれるにっしー。

毎回毎回手を抜かないで生み出してくれるにっし―の作品。

そんな大切に作られた作品だから、こっちも大切にしようってすごく思える。

まあ、そんな考える暇もなく、新曲の度に、にっしーがなにかするたびに、その声とか仕草とかセンスとかその他諸々にっしーにやられてしまうんですけどね(笑)

 

というわけで、そうして生み出された「花cherie」。

感想と解釈を、主観的に、、書いていきます。

 

初めて聴いたときは、

ジャケ写のイメージではaquariumみたいな失恋&もっと色気ムンムンな曲かなと思っていましたが、

花cherieというすごくお洒落な曲名にとても合う、

にっしーが包み込んでくれるような優しい曲でした!

身をゆだねてしまいたくなるような…(笑)

 

ちょっと疲れてしまったときとか、眠る前とかに聴いてすごく癒されそうな優しい歌です。

 

個人的には、サビ前の盛り上がり方が好きですね。

 

歌詞のストーリー的には、

「僕」が花のような「君」を優しく守るって感じかな。

 

Nissyの曲って、一回聴いてはっきり分からないものが多いですよね。

一回目聴いて、なんとなく分かるような分からないような感じ。

「ん?」ってなって何回も何回も聴くうちにすっかり虜になってしまう(笑)

だんだんストーリーが見えてくるというか、自分なりに解釈できるようになります。

(私の理解能力がないだけかな?!)

 

この曲に出てくる「君」ってどんな存在なんだろう。

なんか淡くて儚げで、ちょっと雑に扱うと壊れてしまうような消えてしまうような、決して強くない(と「君」は思っている)イメージ。

♪「涙をそんなことに 使わないで」

って、「君」は涙を流している状況。どんなことで泣いているんだろう。

♪「どんな君でも 綺麗だから」

「君」は自分に自信を持てずにいて泣いているのかな。

 

まだ君にも「君が思うよりずっと素敵」とか「ありのままの君でいいんだよ」って、Nissyの曲には、包み込む、受け止めるような歌詞がけっこう出てきますね。

 

♪「君と笑える 僕がいるから」

君は自分のことを自信がないと思っているかもしれないけど、そのままの君を愛してる「僕」がいるから、自信ないなんて言って泣かないでってことかな…?

蕾で待ってる(自信がなくて戸惑ってる状態みたいな?)君を、大丈夫だよこっちにおいでって優しく包み込む感じかなあ。

 

二番の

♪「ねえ、また 静かな夜は~どんなことも 特別なんだ」

のところが少しわからない。。

その後に、

♪「包ませて 遠い人よ」

とあるので「君」は近くにいないのかな。遠距離とか、お姫様のもとにこっそり通う王子様みたいな隔たりを感じます。そうそう簡単に会えない二人っぽい。

そう考えると、「静かな夜」は君と一緒にいられない夜。一緒にいられないことは寂しい。

でも、「愛する君」がいるという事実だけで、一人の時間さえ特別になっちゃうってことかな。

 

今思いましたが、

私、一番も二番もBメロの歌詞が大好きですね(笑)

「ずっと」「もっと」「そっと」「ぎゅっと」「やわらかくね」「触れてたいんだ」「儚く揺れるその線」「確かめたいんだ」「君の香りを」

この言葉たちたまらん!(笑)

にっしーのあの声で歌われるとたまらないです。

優しい色気?が溢れてる(笑)

 

♪「育たない愛なんて 愛じゃないのさ」

2人で育てていきたいんですね。お花みたいに。

逆にとれば、「愛っていうのは育つものなんだよ」ってことですよね。

自信がなくて泣いている君だけど、僕が守ってあげるし、もっと心開いていいよ大丈夫だよ、愛を育てていこうよ。できるよ。って、

何か過去にあった「君」なのかな。過去に恋愛とか失敗して、自信を無くしてたから「僕」に出会っても心を簡単に開けない状態になってて、

その「君」を、優しく包んであげる「僕」というストーリー?かなあと思いました。

 

♪「僕の水面で 咲いておくれ」

どういう意味だろううう

僕と一緒に愛を育てて、そのままの君を愛するから、君らしくあって、

ていうことかな。

♪「今は悲しい言葉たち 言わないよずっと 君と笑えるのを僕が 見つけるときまで」

ここまでは「君」に悲しい言葉は言わないでってお願いしてたけど、

今度は「僕」が「君」に約束してますね。

「今は」っていった後で「ずっと」って言ってる。

 

個人的に解釈すると、

まだ、「君」は心を開きかけで、二人は愛をこれから育てる段階。

これから愛を育んでいって、君も心を開き切って、「ずっと(=安定)君と笑っていられる」ような信頼感・安定感を感じれるようになるまで、ずっと君と向き合うよ、君が泣いても守るよっていう「僕」の決意みたいなものかなと思いました。

あと、「君」と「僕」は離れてるから、いつも一緒にいられる日が来るまでという意味も考えられます。

「遠い人」っていうのは、心理的と距離的どちらもありそうですね。

心理的=まだ「君」が「僕」に心を開き切っていない

距離的=いつもは一緒にいられない

この「ずっと」は「ずっと(哀しい言葉を)言わない」とか「ずっと君と笑える」と、いろいろ考えられますね(?)

「悲しい言葉」ってなんだろう。。「君」が自信をなくしてしまうような言葉。傷つける言葉。不安にしてしまうような言葉etc…

 

個人的に勝手に解釈するとこんな感じになりました。

だいぶ勝手な想像、解釈なですがお許しを。。

MVが発表されるなら、それを見てにっしーの世界観、この曲のストーリーを知れると思うので楽しみにしておきます!

 

解釈とか考えなくても、にっしーの優しい歌声でお腹いっぱいです💗(笑)